HIGHTIDE DIARY 2018

OFFICIAL SITE TOP

Interview with mintdesigns

mintdesignsとHIGHTIDEの
ちょっとスペシャルな手帳

勝井北斗と八木奈央によるデザイナーデュオ「mintdesigns(ミントデザインズ)」。ファッションを一種のプロダクトデザインとして捉え、「日常生活を豊かにするデザイン」を目指し幅広い活動を行っているmintdesignsと、初となるコラボ手帳を制作しました。今回の手帳のコンセプトや制作する上でのこだわりをおふたりに伺いました。

ーおふたりにとって、手帳とはどういったものでしょうか?手帳に対するこだわりなどあれば、教えてください。

八木さん:手帳は、いつも肌身離さず持ち歩いているほど、ものすごく好きです。
仕事を始めてから使ってきた手帳15年分、すべてとっています。元々紙ものが大好きで、記録することも好きだから手帳にはたくさん書き込みますね。手帳の機能性として、持ち歩きやすさは重要だなと思います。

勝井さん:昔はチケットとかチラシとか沢山貼って、手帳がパンパンになるぐらい使ってましたが、ある時から重い!っていうのと、
大事な情報もあるし、これ捨てるときどうしよう?!ってなってからその使い方はやめましたね。
今はウィークリータイプを使っていて、1週間使ったら切り取って捨ててます。簡単に、シンプルな使い方をするようになりました。

mintdesigns

ー今回の手帳作りでこだわった点や苦労した点などがあれば、教えてください。

八木さん:こだわった点は、素材ですね。
手帳に落とし込んだ時の印象や、箔押しとの相性なども考えて選びました。

勝井さん:普段洋服で使っている素材では無く、手帳で使われる素材で作ろうと思っていました。
でも、服作りも手帳作りも違いはありません。いつも、イメージしてる雰囲気に合う素材を探すところからスタートしてます。

八木さん:服と違う点は、仕上りの面積です。手帳は服と比べるととても小さいから、その小さい面積で見た時に
「あっ!いい!」と思えるかどうかを大事にしました。

ー今回の手帳、どのような人にどのように使って欲しいか、具体的なイメージはありますか?

八木さん:ビジネスとプライベートの境目がない人かな~。
ビジネスでも、プライベートでも使えるような、ちょうど良いバランスに仕上がるように意識して作ったので、ビジカジ使いして欲しいですね。
※ビジカジ=ビジネスカジュアル

勝井さん:例えばカフェとかで、この手帳を鞄から取り出した時に気分があがったり、素敵!って思ってもらえるような・・・
日々の生活の中で、そんな一瞬が生まれると嬉しいなと思います。

mintdesigns

ー手帳以外にもハイタイドとのコラボレーションアイテムがありますが、ハイタイドの印象や一緒にやってみてどうだったかなどあれば、教えてください。

勝井さん:ハイタイドさんのSNSを見てると、次々と新しい情報があがってて「すごいな、いろいろやってるな~」という印象です。

八木さん:ビジカジのラインがちょうど良くて、自分達の感覚と合うなと思いました。お堅いところだと自由度が減っちゃうし。笑
製品としての質と、楽しく作り込める自由度のバランスがフィットしたなと思います。

Collaboration Item

  • mintdesigns

    A5 MONTHLY

  • mintdesigns

    A6 BLOCK

  • mintdesigns

    SQUARE VERTICAL

mintdesigns

mintdesigns × ミツカルストア × HIGHTIDE

ミントデザインズ

mintdesigns

勝井北斗と八木奈央によるデザイナーデュオ。ともにセントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン(ロンドン)卒業。 01年、ミントデザインズ設立。 ファッションを一種のプロダクトデザインとして捉え、「日常生活を豊かにするデザイン」を目指して幅広い活動を行ってきました。 「流行」と同義ではない「ファッション」の可能性を提案することがこのブランドのコンセプトです。

pagetop

©2017 HIGHTIDE CO., LTD.